鼠径ヘルニア

読み仮名: そけいへるにあ

  • [英] inguinal hernia
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 腸
  • [同義語]


関連用語

腸が腹壁の隙間などによって袋状に外にくびれ出た状態。先天的な異常の場合と加齢によって腹壁が弱くなることが原因である。腸が脱出することが多く、脱腸とも言われる。
鼠径ヘルニアは、太腿とお腹の間付近に出来るヘルニアであり、比較的多く見られる症状である。通常、小さなヘルニアに始まって、次第に大きくなり痛みや不快感を伴うようになる。男性の場合、陰嚢の中にまで達することもあり、女性の場合には卵巣が脱出することもある。
最も注意すべきことは、嵌頓(カントン)と呼ばれる状態になってしまうことである。嵌頓とは、脱出した部分が袋の入り口で締め付けられるなどして戻らなくなることで、血行障害により浮腫みや腸閉塞腹膜炎などを起こし最終的には壊死してしまう。
手術療法が確立しており、近年では日帰り手術も積極的に行なわれている。

▼鼠径ヘルニア 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。