黄疸

読み仮名: おうだん

  • [英] jaundice , icterus
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 肝臓
  • [同義語]


関連用語

血液中のビリルビンが増えて、皮膚や眼球結膜が黄色みを帯びた状態のこと。赤血球が古くなって壊れるときに、ヘモグロビンから作られるのがビリルビンで、肝臓内での過程を経て十二指腸へ排泄されるが、この過程に障害があるとビリルビンの血中濃度が上がる。よって、肝・胆道疾患の重要な兆候とされている。

▼黄疸 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (0件)

コメントはありません。
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。