頚椎椎間板ヘルニア

読み仮名: けいついついかんばんへるにあ

  • [英]
  • [分類] 未定義
  • [部位] 骨・関節・筋肉
  • [同義語]


関連用語

若年から中年に多く発症する病気で、頚椎の骨と骨の間にある椎間板という軟骨が出っ張って、前方から神経を圧迫することにより痛みが発生する。
手や腕の痛み・しびれや使いずらさ、足のしびれや歩きずらさに加え、ひどければ排尿障害(尿の切れが悪い、頻尿など)などの症状が発生する。

▼頚椎椎間板ヘルニア 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (0件)

コメントはありません。
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。