非荷重治癒期間

読み仮名: ひかじゅうちゆきかん

  • [英]
  • [分類] 治療・検査法
  • [部位] 口・歯
  • [同義語]


関連用語

結合が強固になるまでインプラントへの負荷がかからないようにする期間であり、患者は義歯をつけるか、もしくは補綴物無しで生活することになる。通常、下顎3ヶ月、上顎6ヶ月とされるが、インプラント開発初期の悪条件下(短いインプラント、未完成な術式)で設定されたもので、長めに設定されていると考えられる。近年では、患者のQOLと治療の質を高める為の早期負荷インプラント即時負荷インプラントが積極的に行なわれている。

▼非荷重治癒期間 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。