陥入爪

読み仮名: かんにゅうそう

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 皮膚・毛
  • [同義語]


関連用語

爪が皮膚内に食い込んでしまう病気。特に足の親指に多く見られる。締め付けの強い靴や靴下を履くなどの外力が加わることで炎症や痛みが生じる。細菌感染を起こすと激しい痛みを伴うこともある。一般に深爪をすると症状を悪化させやすいとされる。
食い込んでいる部分の爪を切除する手術療法や爪の形状を矯正する保存療法が行われる。手術では爪を作り出す細胞(爪母)をフェノールによる化学熱傷凝固やレーザーによる熱凝固などで破壊し根治させることにも成功している。

▼陥入爪 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (0件)

コメントはありません。
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。