金属アレルギー

読み仮名: きんぞくあれるぎー

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 全身
  • [同義語]


関連用語

【原因】
金属がイオンとなって溶け出し、タンパク質と結合することで抗原となりアレルギー反応を引き起こすことがある。水銀、ニッケル、コバルト、スズ、パラジウムでの報告が多い。亜鉛、パラジウム、プラチナ、アルミなどで発症することもある。
【症状】
ピアスやネックレスなどで起きるアレルギー性接触皮膚炎は扁平苔癬(ぺいたいせん)、掌蹠膿疱症、異汗性湿疹、アトピー性皮膚炎様症状などがある。
【治療・対策】
原因となっている金属を取り除く、接触を避けることが第一である。

▼金属アレルギー 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。