解離性大動脈瘤

読み仮名: かいりせいだいどうみゃくりゅう

  • [英] dissecting aneurysm of aorta
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 血管・リンパ管
  • [同義語]


関連用語

大動脈の壁に裂け目が生じ,中膜内に血液が流出し,大動脈が真腔と解離腔に分離され,解離腔が拡大しこぶになった状態。
【原因】
先天性のもの,大動脈炎,自己免疫疾患,妊娠などによる原因が考えられている。
【症状】
胸部もしくは背部にバットで殴られたような激痛がおこり,ショック状態になる場合もある。次第に,痛みは下方に移る。また,意識消失,四肢麻痺,腹痛,下血,腎不全,心不全などを併発することがある。
【治療・対策】
極めて重篤な経過をたどるため,できるだけ早く治療する必要がある。薬物療法,手術などが行われる。

▼解離性大動脈瘤 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。