腰椎分離症

読み仮名: ようついぶんりしょう

  • [英]
  • [分類] 未定義
  • [部位] 骨・関節・筋肉
  • [同義語]


関連用語

腰椎の前方と後方をつなぐ部分の連続性がなくなる病気で、成長期の若年層の人に多く見られる腰痛である。過度のスポーツでの疲労骨折によっても起こる。
ほとんどはしばらく運動を軽減する程度で軽快するが、痛みが強く歩行障害などを伴う場合には腰椎固定術などが施行される。

▼腰椎分離症 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。