脳血管性痴呆

読み仮名: のうけっかんせいちほう

  • [英] Cerebro-vascular Dementia
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 脳・神経
  • [同義語]


関連用語

脳卒中(脳梗塞脳出血)の発作後にあらわれる痴呆(ぼけ症状)のこと。年齢に不釣合いな物忘れ、感情失禁がある一方で、計算力や一般常識、人格は保たれており、その点でアルツハイマー病とは異なる。症状は波があり、徐々に進行する。

▼脳血管性痴呆 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。