脳梗塞

読み仮名: のうこうそく

  • [英] Brain Infarction
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 脳・神経
  • [同義語]


関連用語

の動脈が途中で詰まって、血液が流れなくなる病気。脳血栓、脳塞栓、出血性脳梗塞の3つの病態がある。
 脳血栓は、動脈硬化により血液のかたまりができて(血栓)、血管を詰まらせるもので、片側の顔面や舌のまひ、手足のまひなどの症状がみられる。脳塞栓は、脳以外の部位に発生した血栓、腫瘍、細菌などが血管に引っかかってつまらせるもので、多くは心房細動心臓弁膜症心筋梗塞などによる。脳血栓と同様の症状が突然起こるのが特徴。出血性脳梗塞は、一度詰まった血栓が自然に解けて流れ出す際に、弱った動脈壁が出血をおこすもので、脳梗塞の病状が落ち着いた後急に悪化するという症状がみられる。

▼脳梗塞 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。