胎盤

読み仮名: たいばん

  • [英] placenta
  • [分類] 器官・組織
  • [部位] 女性生殖器
  • [同義語]


関連用語

【部位・構造】
受精卵が子宮内膜に着床後,絨が発育し,形成される。直径17〜20センチ,厚さは2〜3センチ,重量は430グラム。
【役割】
胎盤の絨毛を通して,胎児が血液,酸素,栄養などを吸い取り,老廃物や炭酸ガスを母体に返す。また,黄体ホルモン,卵胞ホルモンなど,胎児の成長や母体の変化を助けるホルモンを分泌し,胎児を無用な物質の侵入から守る。

▼胎盤 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。