胆管細胞癌

読み仮名: たんかんさいぼうがん

  • [英] cholangiocarcinoma
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 肝臓
  • [同義語] 胆管細胞がん


関連用語

胆管細胞がんを参照。
肝臓の中に存在する胆管の細胞に由来するがん。60歳以上の人に多く、男性に女性より2倍多くみられる。進行すると、腹痛、黄疸、全身倦怠感、発熱、体重減少、食欲不振などがあらわれる。慢性肝炎肝硬変をともなうことが少ない。

▼胆管細胞癌 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。