胆管がん

読み仮名: たんかんがん

  • [英] cholangiocarcinoma
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 肝臓
  • [同義語] 胆管癌


関連用語

胆管に発生するがんで、肝臓内のものと肝臓外のものがあり、肝内胆管がんは発見されにくく予後が悪い。発ガンの誘因としては、胆石や膵液による慢性の炎症性刺激、ホルモンや胆汁のうっ滞などが考えられている。初期には症状があらわれず、進行すると黄疸が発生する。

▼胆管がん 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。