肝血管腫

読み仮名: かんけっかんしゅ

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 血管・リンパ管
  • [同義語]


関連用語

肝臓に出来る良性腫瘍。細血管が異常集積した血管腫が肝臓に出来たもの。小さな血管腫が出来ることは良くあるが、治療が必要になることは稀。乳児期には心不全などを引き起こす大きな肝血管腫が生じることもあり手術が必要となることがある。

▼肝血管腫 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。