肝がん

読み仮名: かんがん

  • [英] liver cancer , hepatocarcinoma , hepatocellular carcinoma , malignant hepatoma
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 肝臓
  • [同義語] 肝癌


関連用語

肝臓に発生したがんで、原発性肝がん(肝臓から発生したもの)と、転移性肝がん(他の臓器から転移してきたもの)があり、転移性肝がんは、肝がん全体の4分の3を占める。原発性肝がんの多くは、肝細胞がんで、その他、胆管細胞がん、およびそれらの混合型などがある。50〜60歳代に多く、男性に女性より7倍多く見られる。肝硬変や慢性肝炎を罹患している場合にがん発生の危険率が高い。

▼肝がん 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (0件)

コメントはありません。
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。