結節性紅班

読み仮名: けっせつせいこうはん

  • [英] erythema nodusum
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 皮膚・毛
  • [同義語]


関連用語

皮下脂肪静脈性血管に炎症が起こり、赤く腫れてしこりができる病気。扁桃炎といったアレルギー反応に同調したり、全身性疾患に併発するといわれている病気で、両下腿の前面、前腕に赤い皮下結節ができるもの。血液循環が悪く、下腿が太い女子に多く見られ、全身倦怠、発熱、関節痛を伴って生じる。

▼結節性紅班 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。