筋萎縮性側索硬化症

読み仮名: きんいしゅくせいそくさくこうかしょう

  • [英] Amyotrophic Lateral Sclerosis
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 脳・神経
  • [同義語]


関連用語

神経の変性がおこり、片側の腕の筋力低下と萎縮、さらに、もう一方の腕も筋力低下と萎縮が現れ、同様に足の末端にも進行していく。萎縮した筋肉は不規則なぴくつきがおこる。最終的には、眼筋と肛門括約筋を除く、全身の筋肉にまひと萎縮が及ぶ。40〜60歳代での発病が多い。特殊型として、進行性球まひや脊髄性進行性筋萎縮症がある。

▼筋萎縮性側索硬化症 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。