深部静脈血栓症

読み仮名: しんぶじょうみゃくけっせんしょう

  • [英] economic class syndrome
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 血管・リンパ管
  • [同義語] エコノミークラス症候群 , ロングフライト症候群


関連用語

エコノミークラス症候群を参照。
【原因】
飛行機を始め長時間乗り物に乗っている時に起こる血栓症(深部静脈血栓症)。特に飛行機は気圧が低く血栓ができやすいと言われる。体を動かすスペースの少ないエコノミークラスの席で比較的多く見られることから、エコノミークラス症候群と言われるが、実際にはどんな座席でも起こる。
【症状】
脚のむくみや呼吸困難、息切れなど。歩き始めた時に、脚の静脈に出来た血栓が肺などの血管に詰まって起こる。
【治療・対策】
長時間同じ姿勢でいることにより血流速度が低下し血栓が出来やすくなるのが原因であるから、適度に体を動かしマッサージなどをすることが予防になる。水分補給や深呼吸をするなども良いと言われる。

▼深部静脈血栓症 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (0件)

コメントはありません。
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。