水腎症

読み仮名: すいじんしょう

  • [英] hydronephrosis , nephrohydrosis
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 腎臓・尿路
  • [同義語]


関連用語

尿路のどこかに何らかの原因で流れが悪い場所があり、腎臓でできた尿がたまって、腎盂や腎杯が尿でいっぱいになり拡張する病気。そのため、腎臓の組織が萎縮され、腎臓の機能が低下し、進行すると慢性腎不全、尿毒症に移行する。子どもでは先天性のものが大部分で、中年以降の大人では、後天性の病気(尿路結石や悪性腫瘍など)によるものが多い。腎臓の辺りの背中からわき腹にかけて持続する強い痛みを感じ、胃腸の圧迫に伴い、むかつきや嘔吐などがみられることもある。

▼水腎症 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (1件)

二年前子宮癌の手術をしました昨日尿路に石か腫瘍の様な物がある右の腎臓に水が貯まっていると言われましたエコー検査です 転移したのでしょうか

Posted by  女性  (50代)   2009-05-28 13:50:15
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。