気管支喘息

読み仮名: きかんしぜんそく

  • [英] asthma
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 肺・呼吸器
  • [同義語] 喘息


関連用語

喘息を参照。
何らかの原因物質による発作的なせき、息切れ、動悸などの症状を伴う気管支の病気。アレルギー反応によるもの(アトピー型喘息)とされているが、原因の分からない場合も多い。喘息発作の症状は様々であり、ゆっくり症状が進むこともあれば、突然に始まることもある。また、継続時間も数分から数日と様々である。
小児に見られることが比較的多く、それを小児喘息小児気管支喘息)、大人になってからの発症を成人喘息(成人気管支喘息)という。
予防にはアレルゲンを避けること、また、ピークフローメターによる自己管理などが有効である。治療にはステロイド薬や抗アレルギー薬、気管支拡張薬などが使用される。

▼気管支喘息 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (0件)

コメントはありません。
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。