椎間板

読み仮名: ついかんばん

  • [英] intervertebral disc
  • [分類] 器官・組織
  • [部位] 骨・関節・筋肉
  • [同義語]


関連用語

背骨のひとつひとつの骨の間あり、クッションの役割をはたす軟骨のこと。上下の椎体の間に存在し、中央部分は髄核と呼ばれ、水分豊富なゼラチン状のものである。これを取り囲むように繊維性の弾力繊維からできている線維輪とから形成され、手足の関節とは性質を異にする。これらの、二つの異なった性質により、椎間板は体を支える衝撃吸収板の役割を保つのである

▼椎間板 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (0件)

コメントはありません。
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。