新生児黄疸

読み仮名: しんせいじおうだん

  • [英] jaundice of newborn , neonatal jaundice , icterus neonatorum
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 肝臓
  • [同義語]


関連用語

新生児は多血であり、赤血球の寿命が短いため、それを処理する肝臓機能が未熟であったり、母親からのホルモンの影響から、血液中のビリルビンが増えやすい。生理的黄疸は、9割近くの新生児におこり、自然によくなるが、生後2週間を過ぎても黄疸が見られる場合には、治療が必要になる。

▼新生児黄疸 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。