敗血症

読み仮名: はいけつしょう

  • [英] septicemia , sepsis
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 血管・リンパ管
  • [同義語]


関連用語

【原因】
褥瘡床ずれ)、皮膚の化膿、腎盂腎炎胆嚢炎肝膿瘍などの化膿性疾患において、細菌が血管内に流れ込むことにより起こる中毒症状。点滴の針、カテーテルの使用時に細菌が血管内に侵入して起こることもある。
原因菌は、ぶどう球菌、大腸菌、真菌など。
【症状】
40℃近い高熱と寒気、震えなどに加え、血圧の低下(敗血症ショック)、意識障害などの症状があり、生死に関わることもある。細菌が臓器で増殖すると臓器障害を起こす。
【治療・対策】
抗生物質の投与とともに原因となっている疾患を治療する必要がある。

▼敗血症 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。