感音性難聴

読み仮名: かんおんせいなんちょう

  • [英] perceptive deafness
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 耳
  • [同義語] 感音難聴


関連用語

内耳や聴神経などの障害で音を感じる機能が悪くなる病気のこと。先天的なものと後天的なものがある。
【原因】
先天性のものは遺伝や母体の風疹感染などの理由が挙げられているがほとんどが原因不明である。後天的なものは髄膜炎やおたふく風邪などの感染症、老化や労働・生活環境が考えられる。突発性難聴など原因不明のものもある。
【治療】
補聴器の使用。特に幼児の場合には言語習得に関わるので早期の発見と補聴器の使用が重要である。労働・生活環境が原因の場合はその改善と薬で治療可能である。

▼感音性難聴 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。