心臓弁膜症

読み仮名: しんぞうべんまくしょう

  • [英] valvular disease
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 心臓
  • [同義語]


関連用語

心臓で,血液が一方向に流れるためにある弁膜に障害があり,心臓病をきたした状態。
【原因】
先天的なものと,後天的な障害によるものがあり,後天的な障害は,結合組織障害,リウマチ熱,感染性心内膜炎,心筋症,心筋梗塞,動脈硬化など数多くの病気に関係しておこる。
【症状】
障害をおこしている部位と性質により,肺うっ血による呼吸困難や疲れやすさ,動悸,肝臓の腫大,足のむくみなどがみられる。
【治療・対策】
軽症の場合は,心不全に陥らないように,過労や塩分摂取を避ける,休養を十分にとるなどの対策でよい。心不全の兆候を示す場合は、薬物療法(強心剤・利尿剤・抗不整脈剤)を用いる。重症の場合は手術が必要になる。

▼心臓弁膜症 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (1件)

心臓弁膜症(二せん弁)ですが、エディケアの服用は控えた方がよいの
でしょうか?

Posted by うめさん :  男性  (50代)   2011-07-31 14:38:19
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。