子宮体がん

読み仮名: しきゅうたいがん

  • [英] cancer of uterine body
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 女性生殖器
  • [同義語]


関連用語

子宮体部から発生するがん。未婚または不妊症の人、月経異常の経験をした人に多く、卵巣ホルモンの失調が関係していると考えられている。また、糖尿病高血圧肥満の人にも多い。50から60歳頃に発生しやすい。
 症状としては、更年期以後の不正子宮出血や、水様性のおりもの、疼痛などがある。子宮頸がんに比べると、進行がゆっくりで、周囲の組織に対する浸潤力は弱い。

▼子宮体がん 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。