妊娠中毒症

読み仮名: にんしんちゅうどくしょう

  • [英] gestosis , pregnancy toxicosis
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 女性生殖器
  • [同義語]


関連用語

一般に、妊娠の後半期に起こる、むくみ、たんぱく尿高血圧、けいれんなどの症状で、大部分は分娩後消失していく。原因は不明で、10%前後の発生率である。
 放置しておくと、重症になる傾向があるため、分娩に至るまでの安静、加療が大切である。未熟児の発生率が高いため、胎盤機能や胎児の心音に注意が必要である。

▼妊娠中毒症 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。