多汗症

読み仮名: たかんしょう

  • [英] sudoresis , hyperhidrosis , polyhidrosis
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 皮膚・毛
  • [同義語]


関連用語

【原因・症状】
多汗症は、汗の量が正常異常に多い状態を指すが、診断は患者自身の主観的な判断による。視床下部の腫瘍、外傷、炎症、パーキンソン病等による体温調節中枢の異常の他、甲状腺機能障害や糖尿病、低血糖、痛風高血圧などの全身疾患が原因となる事もある。
また、自律神経失調症など精神的なストレスが原因となって起こる多汗症も多く見られる。
多汗症はQOLに支障をきたすことが多く、足臭、わきがの原因としても挙げられる。
【治療・対策】
治療は原因によりことなり、何らかの病気が原因の場合にはその治療を行うことが第一となる。内服薬による治療、外用薬、交感神経節ブロック手術、ボツリヌス菌による局所的な神経麻痺(ボトックス)、わきがの場合には局所的なアポクリン腺の除去手術などが行なわれる。

▼多汗症 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。