外陰がん

読み仮名: がいいんがん

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 女性生殖器
  • [同義語]


関連用語

外陰に発生するがん。多くは60歳以上に発症するが、まれな病気。外陰部に疼痛を伴った潰瘍ができ、外陰部のかゆみ、悪臭のある分泌物がみられる。切除できる範囲であれば手術、そうでない場合は放射線治療や抗がん剤投与が行われる。

▼外陰がん 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (1件)

外陰部が数年前から血が出るほどかゆくなり皮膚が硬くなりしろくなるパソコンで見ると白くなるのは前ガン状態とのこと本当で消化
副腎皮質ホルモン軟膏塗る方がいいのかそれとも対処療法のためほっとく方がいいのか副腎皮質ホルモンぬってもあまり効果がないということは副作用が出るだけだから治療しないほうがいいのでしょうか

Posted by 猫舌 :  女性  (40代)   2010-06-03 13:56:19
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。