咽頭結膜熱

読み仮名: いんとうけつまくねつ

  • [英] pharyngoconjunctival fever , PCF
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 喉
  • [同義語] プール熱


関連用語

プール熱を参照。
アデノウイルス感染により発症し、突然の発熱、咽頭痛、咽頭の発赤、食欲不振、倦怠感、結膜の充血、目やになどの症状を伴う。潜伏期間は5〜7日程度、感染力は強く、特にプールでの感染が多いのでプール熱と呼ばれることが多い。
プール前後の殺菌や洗浄が感染の予防に効果があるといわれる。治療法は特になく、解熱剤などでの対処療法となる。多くは数日〜1週間で自然治癒する。

▼咽頭結膜熱 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。