原発性胆汁性肝硬変

読み仮名: げんぱつせいたんじゅうせいかんこうへん

  • [英] primary biliary cirrhosis
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 肝臓
  • [同義語]


関連用語

肝細胞から胆汁が分泌され、胆管を通って腸に排泄されているが、この胆管に自己免疫異常が原因となり、慢性の炎症がおこると(自己免疫性胆肝炎)、胆管が破壊され胆汁が肝臓の中にたまる。その結果、黄疸や肝細胞の障害がおこり、肝硬変になる病気。40歳以上の女性が80〜90%を占める。国の特定疾患に指定されている。
 黄疸の前に皮膚のかゆみ(躯幹部、四肢)、全身のだるさや疲れやすさがあらわれ、進行すると、黄疸や腹水の症状があらわれる。また、両瞼に淡い黄色の扁平な隆起ができたり、食道静脈瘤の破裂から吐血をすることもある。

▼原発性胆汁性肝硬変 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。