即時負荷インプラント

読み仮名: そくじふかいんぷらんと

  • [英]
  • [分類] 治療・検査法
  • [部位] 口・歯
  • [同義語]


関連用語

48時間以内に仮歯を入れるインプラントの治療法。インプラント挿入後の非荷重治癒期間の不快さ、不便さから開放されるとともに、通院回数や痛み、腫れなどの負担を軽減できるというメリットがある。
即時負荷インプラントでの必要条件には以下のようなものが指摘されている。
1、即時負荷インプラントは下顎無歯顎に対して行うことが勧めらる。
2、インプラント挿入時の強固な初期固定が認められる。
3、挿入後も失敗を未然に防ぐ為に共振周波数分析などで定期的に固定度のチェックを行う。
4、上部構造の精度の高い適合が重要。
5、患者に対するリスクの説明と患者の理解。

▼即時負荷インプラント 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。