十二指腸潰瘍

読み仮名: じゅうにしちょうかいよう

  • [英] duodenal ulcer
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 胃・十二指腸
  • [同義語]


関連用語

胃から分泌される胃酸などが、十二指腸の内側の粘膜をも消化してしまい、粘膜が欠損した病気。腹痛,胸焼け,吐き気などの症状があらわれる。青壮年者に多く、男性に女性より2,3倍多くみられる。食生活やストレスの影響が大きいと考えられている。自然に治る場合もあるが、再発しやすく、潰瘍をそのままにしていると、出血したり穴が開く場合もある。

▼十二指腸潰瘍 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。