動物介在療法

読み仮名: どうぶつかいざいりょうほう

  • [英] Animal assisted therapy , Animal assisted activity
  • [分類] 治療・検査法
  • [部位] 心・精神
  • [同義語] アニマルセラピー , 動物介在活動


関連用語

アニマルセラピーを参照。
動物と触れ合うことによって精神疾患やストレス障害、神経障害などを改善させる療法。動物介在活動(Animal assisted activity:AAA)と動物介在療法(Animal assisted therapy:AAT)に分けられる。
アニマルセラピーは様々な対象に対して効果があると言われる。子供の不登校や非行、高齢者の痴呆、精神分裂病躁うつ病、身体障害者、リハビリなどである。専門の医療関係者とボランティアの協力によって成り立っている。

▼動物介在療法 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。