副甲状腺機能亢進症

読み仮名: ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] ホルモン
  • [同義語]


関連用語

【原因】
甲状腺に良性的な腫瘍ができることにより、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて、結果的に血中のカルシウム濃度が上昇するため。
【症状】
疲労感を感じやすくなる、口渇、吐き気、腹痛、便秘など.
【治療・対策】
血中のカルシウム濃度に応じて、外的治療による腫瘍を摘出する。

▼副甲状腺機能亢進症 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。