副交感神経

読み仮名: ふくこうかんしんけい

  • [英] parasympathetic nerves
  • [分類] 器官・組織
  • [部位] 脳・神経
  • [同義語]


関連用語

自律神経系のうちの一つで、交感神経と拮抗して作用する。副交感神経系が興奮状態になると、瞳孔の縮小、顔面紅潮、脈拍減少、消化吸収の活性化、汗や唾液の分泌亢進をおこさせる。休息、睡眠中は副交感神経が優位に働く。

▼副交感神経 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。