円錐角膜

読み仮名: えんすいかくまく

  • [英] keratoconus
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 目・眼
  • [同義語]


関連用語

15歳頃から症状が開始し、徐々に角膜が突出して視力を低下させてしまう病気である。初期には通常のコンタクトレンズなどで矯正が可能であるが、症状が進行すると円錐角膜用のレンズが必要となる。重度の場合には、角膜移植が必要になることもある。屈折矯正治療であるレーシック等も円錐角膜には適応しない。

▼円錐角膜 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。