全身性エリテマトーデス

読み仮名: ぜんしんせいえりてまとーです

  • [英] systemic lupus erythematosus
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] その他
  • [同義語] 全身性紅斑性狼瘡 , SLE


関連用語

自己免疫異常により、皮膚や関節、全身の臓器に炎症をおこす、慢性の病気。1万人に1人くらいが発病、若い女性がかかりやすい。明確な作用機序は不明だが、遺伝的な素因やウイルスの関与指摘されている。全身の倦怠感、発熱、関節痛、皮膚紅斑、日光過敏症、口内炎、脱、臓器障害などの様々な症状が出る。
 特徴的なのは、鼻から両ほほにかけて、蝶が羽を広げたような発疹(蝶形紅斑)、しもやけのような発疹や寒冷時に手足が真っ白になって紫色に変色するレイノー現象、粘膜に痛みのない潰瘍がよくできるなどである。また、腎臓病を伴う人が約半数を占め、中枢神経障害、感染症とともに、死因のひとつとなっている。人によって症状の出方は異なり、詳しい診察が必要である。

▼全身性エリテマトーデス 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (0件)

コメントはありません。
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。