低用量ピル

読み仮名: ていようりょうぴる

  • [英]
  • [分類] 薬
  • [部位] 女性生殖器
  • [同義語]


関連用語

【目的・対象】
避妊のために女性が服用する薬。
【効果・効用】
,下垂体,卵巣に作用し,排卵を抑えることにより避妊が可能となる。排卵を抑えるため,完全に避妊できるが,飲み忘れや服用の仕方を誤ると妊娠する可能性がある。服用を中止すれば月経も次第に元に戻り,妊娠可能である。
【副作用・注意点】
服用中は,胃や乳房の症状,また頭痛や全身倦怠感,体重増加などの副作用が見られることがある。また,糖尿病,黄疸,血栓性静脈炎,高血圧,心臓病,乳がんなどの病気に罹患したことのある人や,罹患する可能性の高い人(家族にそのような人がいる)は,服用しないほうがよいこともある。

▼低用量ピル 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。