中心性漿液性脈絡網膜症

読み仮名: ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 目・眼
  • [同義語] 中心性網膜症


関連用語

中心性網膜症を参照。
網膜の中心である黄斑部に水が溜まりむくんでしまい、網膜剥離となり視力に障害がでる病気。視野が暗くなったり、ゆがんで見えたり、小さく見えたりといった症状が出る。
精神的なストレスや過労との関係が強いとされ、中年男性に好発する。自然治癒することもあるが、ビタミン内服やレーザー光凝固術が必要となることもある。

▼中心性漿液性脈絡網膜症 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。