下咽頭がん

読み仮名: かいんとうがん

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 喉
  • [同義語]


関連用語

食道の手前に発症するがん。きわめて観察しにくい部位であるため、早期の発見は稀であり、喉の腫瘍が大きくなるまで気付かない場合が多い。
【原因】
主に、飲酒の多い人に多く発症する。鉄欠乏性貧血をもつ女性の発症率も高い。
【症状】
喉の違和感、痛み、食べ物が飲み込みにくいなど。
【治療】
治療は手術療法が一般的で、術後治療として放射線治療を行う場合が多い。

▼下咽頭がん 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。