プリオン病

読み仮名: ぷりおんびょう

  • [英] Prion Disease
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 脳・神経
  • [同義語]


関連用語

の正常な細胞が感染をおこす感染性たんぱく(プリオン)に変化し、脳が穴だらけになって痴呆が進む病気のこと。クロイツフェルト・ヤコブ病がその代表的なもので、他に、遺伝性のゲルストマン・ストロイスラー症候群や、家畜の牛から伝達される新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病がある。
 発症すると、精神症状、歩行障害、言語障害、視覚障害などが現れ、数ヶ月で痴呆が進み、その後、意識障害やけいれんが見られ、半年前後で寝たきり状態、1、2年で死亡する。治療法はまだなく、国の特定疾患に指定されている。

▼プリオン病 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。