ブタ連鎖球菌感染症

読み仮名: ぶたれんさきゅうきんかんせんしょう

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 全身
  • [同義語]


関連用語

【原因】
ブタ連鎖球菌による感染症のこと。
【症状】
本来は豚に髄膜炎のほかに関節炎、敗血症肺炎、心内膜炎、心筋炎などを起こすレンサ球菌として注目されているが、ヒトにおいても髄膜炎などを引き起こすことが報告されている。実際、数カ国においてブタ連鎖球菌による感染で、高熱、水様性下痢、厳しい筋肉痛、斑状出血皮疹などといった症状を引き起こし死亡したケースもあった。
【治療・予防法】
中毒のひとつであるので、手洗い、調理器具の適切な洗浄、消毒等基本的な対応が必要。

▼ブタ連鎖球菌感染症 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (0件)

コメントはありません。
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。