ビュルガー病

読み仮名: びゅるがーびょう

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 血管・リンパ管
  • [同義語] 閉塞性血栓性血管炎 , バージャー病


関連用語

バージャー病を参照。
四肢の動脈,静脈に炎症がおこり,血栓ができて,血管の内腔をふさいでしまう病気。20〜40歳代の喫煙男性に多くみられる。
【原因】
原因は不明だが,外的な力による血管の障害,タバコによる血管内皮の傷害,血液凝固機能亢進などにより血栓が形成されると考えられている。免疫反応異常が関与しているとも言われている。
【症状】
血液不足状態から,皮膚が蒼白,冷たくなり,時間とともにうっ血(血液がたまる),発赤があらわれる。慢性化すると,赤紫色(バージャー色)になる。進行すると,歩行時の足の痛み,潰瘍や壊死が生じる。
【治療・対策】
禁煙、手足の保護・保温、薬物療法、運動療法が行われる。

▼ビュルガー病 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。