バセドウ病

読み仮名: ばせどうびょう

  • [英] Basedow's disease
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 首
  • [同義語]


関連用語

【原因】
自己免疫異常によって甲状腺機能が亢進する病気。甲状腺刺激ホルモンと自己抗体が結合することで甲状腺を刺激し過剰のホルモンが分泌されてしまうことで起こる。
遺伝的な素因に加えて、過労、ストレス、出産、外傷などが関係しているといわれる。
【症状】
代謝が過度になり、エネルギー消費量の増加による体重減少、下痢不整脈呼吸困難、精神不安定、昏睡などの症状が見られることがある。眼球の前方突出や瞼の腫れが見られることもある。
【治療・対策】
治療としては抗甲状腺薬の服用で改善するが、外科的手術、放射線治療などの選択肢もある。
過労やストレスなどの環境を改善させることも大切である。

▼バセドウ病 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。