ダンピング症候群

読み仮名: たんぴんぐしょうこうぐん

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 胃・十二指腸
  • [同義語]


関連用語

胃の手術後におこる食後の不快な症状。切除した胃の縫い合わせ部分から小腸に食べ物が急速に墜落する(ダンプ)ためにおこる。全身のだるさ、冷や汗、めまい、腹痛、下痢吐き気などの早期ダンピング症候群(食後30分以内)と、脱力感、めまい、冷や汗などの後期ダンピング症候群(食後2,3時間後)がある。

▼ダンピング症候群 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。