サルコイドーシス

読み仮名: さるこいどーしす

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 全身
  • [同義語]


関連用語

原因不明の肉芽腫(類上皮細胞肉芽腫)が多臓器に発症する病気。
【原因】
原因は現在のところ分かっていないが、何らかの自己免疫疾患であることが分かっている。細菌やウイルスなどの感染も関係していると言われる。
【症状】
眼(ぶどう膜炎),皮膚,心臓,肝臓,腎臓,リンパ節神経等に肉芽腫とよばれる免疫反応による炎症を起こし、臓器の機能障害を引き起こす。70%程度の患者は自然治癒し、炎症が続いたとしても生活に支障のないケースが多い。数%の患者では症状の進行や拡大が見られ治療を必要とする。
【治療・対策】
臓器障害が見られるには、副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制剤による治療が行われる。

▼サルコイドーシス 関連書籍

  • 関連書籍はありません。

▼コメント一覧 (0件)

コメントはありません。
名前(省略可):
性別:
年齢:
※内容:
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。