コラーゲン

読み仮名: こらーげん

  • [英] collagen
  • [分類] 医療・健康知識
  • [部位] 皮膚・毛
  • [同義語] 膠原繊維


関連用語

■コラーゲンとは?
皮膚、骨、軟骨、腱、血管などを構成するタンパク質の一つ。全体重の約5%を占めるといわれる。
皮膚では真皮内にあり、正常であれば一定の規則性のもとに網目状に張りめぐらされている。真皮の約70%がコラーゲンで占められており、肌の弾力(ハリ)や潤いを保つ(保湿)役割を果たしている。紫外線でダメージを受けるとこの規則性が崩され、しわやたるみの原因となる。
■コラーゲンの摂取
コラーゲンは基本的に皮膚から吸収される事はない。また、コラーゲンを食べても一度分解されるので、コラーゲンの摂取によって直接的な効果が得られる事も無い。ただし、コラーゲンを人体で生成する材料とはなるので無意味ではない。コラーゲンの合成にはビタミンCが必要とされるため、同時に摂取すると良いとされる。

▼コラーゲン 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。