ケロイド

読み仮名: けろいど

  • [英] keloid
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 皮膚・毛
  • [同義語]


関連用語

傷痕から出来る瘢痕。瘢痕が増殖・拡大するものをケロイド、そうでないものを肥厚性瘢痕と分けて呼んでいる。赤く硬い隆起が出来、痒みや痛みを伴うことが多い。
ケロイド出来る背景には遺伝的な素因が強く関与しており、出来やすい人では虫刺されやニキビなどでもケロイドが生じる。ホルモンやアレルギーとの関連も指摘されている。
外科的な治療も可能であるが、ケロイドの性質上元よりも大きな瘢痕を残してしまうことなどもあり、難しい。一般的にはステロイド剤の内服や注射、圧迫などの保存療法が主である。

▼ケロイド 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。