カントン包茎

読み仮名: かんとんほうけい

  • [英]
  • [分類] 病気・疾患
  • [部位] 男性生殖器
  • [同義語] 嵌頓包茎 , かんとん包茎


関連用語

包皮輪が狭い場合に、亀頭を無理に露出させると戻らなくなってしまうことがあり、これがカントン包茎と呼ばれる状態である。どうしても戻らない場合、亀頭部分や包皮の血流が阻害され浮腫が生じる。放置すれば組織の壊死が起こる可能性があり危険である。

▼カントン包茎 関連書籍

  • 関連書籍はありません。
当サイト上の情報に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いません。また、当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。